妊娠中毒症の食事

病院の栄養士にもらったレシピ集などを参考に、退院後は低カロリー、減塩の食事を心がけました

 

オススメ食材

 

牛肉の赤身

 

他のお肉に比べカロリーも低く、たんぱく質が豊富。

 

塩コショウで焼くと、塩分を多くとってしまいがちです。

 

例えば大根おろしとポン酢、塩よりコショウ多めで味付けします。

 

鶏肉ではササミ

 

ササミも低カロリーで妊娠中毒症の妊婦さんにはオススメ

 

焼いてワサビで食べたり、茹でて裂いてポン酢で食べたり

 

ササミは淡白な味なので味付けの工夫で色んな食べ方ができます。

 

白身の魚

 

コショウ多めにレモン汁で、湯豆腐と一緒に食べたりします。

 

味噌汁

 

野菜やワカメ、きのこなど具沢山にすることでお腹が満たされます

 

その際具を多めにして汁は少なめにすることが大事です。

 

また食物繊維が豊富といわれるゴボウなども入れることで便秘の解消にもなります。

 

煮物でもそうですが、出汁をとる際には顆粒の粉末だしをつかうのではなく煮干や昆布、かつおぶしなどで出汁をとってください。

 

粉末だしにも塩分は含まれています。手間がかかりますが、その分美味しいですよ。

 

醤油や塩を一切使わないというのは無理です。

 

なので減塩醤油や減塩味噌をうまく使って、塩の量も最初は計量スプーンで目安を知っておくと、自然と薄味の食事になると思います。

 

次へ妊娠中毒症改善の食生活

page top