妊娠8カ月約30キロの体重増加

妊娠三ヶ月頃からつわりが始まりました。

空腹時が気持ち悪くて吐いてしまうし、食べても吐いてしまう。

2回目のつわりということもあって、精神的にはラクでしたが

娘の世話をしながら耐えていたので大変でした。


そんな苦しかったつわりもおさまり、普通に食事できることが

本当に嬉しくて仕方ありませんでした。

それでも食事の量や味付けには気を使っていたのですが

娘を妊娠していたときと違って、動くことが少なくなりました。

ちょうど季節が真冬で、娘も私も風邪をひきたくないということもあり

寒い中外で行くことも少なくなり、また妊婦でどう娘と外で遊んでいいのか

その加減が分からなくて、家でのんびり過ごす毎日でした。


そんな動かない生活なのに、尋常じゃない食欲でした。

自分でも覚えているのがラーメン屋に行ったとき

普通のラーメン一杯、ミニチャーハン2杯、海老マヨネーズ1皿

それでもまだまだ食べる余裕がある、恐ろしい食欲でした。

そんな生活だったので、一週間に1キロどころか2キロ増加なんて当たり前でした。


「私は白衣を見ると血圧が上がるだけで、妊娠中毒症じゃないもん」

「だから体重がいくら増加したって血圧に影響はないし平気だ」

なんて都合のいい理由をつける毎日でした。


妊娠発覚時98キロ

妊娠8ヶ月124キロ


もう人間というより、化け物レベルです。


前のページ妊婦の血圧    次のページ妊娠中のダイエット

Copyright © 2009-2013 妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)での出産体験談. All rights reserved