産後の経過

出産してから5日間入院しました。

血圧も出産後は上が100、下が60くらいで何の問題もありませんでした。

生まれてきた娘は、黄疸の数値が高いということで

入院中の数日間は、紫外線治療をしました。

最初は私のせいだ・・・私が妊娠中毒症になったからだ・・・

と自分を責めていました。


だけど、妊娠中毒症と生理的黄疸は関係のないことでした。

日本人の赤ちゃんは、90%以上が生後2~4日ごろから黄疸が現れるそうで

生後すぐはビリルビンを処理する肝臓の働きが未熟なため、一時的にビルビリンの値が

高くなる。

これが原因で皮膚の色が黄色っぽくなるのです。


それ以外の検査では何の問題もなく、母子ともに無事健康に退院しました。


赤ちゃんのいる生活は何もかもが新鮮で、不安でもありました。

数時間おきの授乳、睡眠不足と辛いこともあったけど

可愛い姿を見るだけで本当に幸せでした。


産後一ヶ月検診で母子ともに異常がなかったので、自宅に戻りました。

赤ちゃんの世話をしながらの家事は思った以上に大変でした。

お腹がすいたと思っても、赤ちゃんが泣けば抱っこに授乳。


飲食する暇もなくて、授乳で赤ちゃんに栄養を取られ、なおかつ睡眠不足。

母乳で育てるのなら、美味しい母乳になるよう食事にも気を使います。

甘いものは、おっぱいが張ってしまうし、辛いものはもってのほか。

まだまだ自分が食べたいものを食べれない状況でしたが

だけどどんなに辛くても、赤ちゃんが可愛くて我慢できました。


最初は何をどうしていいのか分からない毎日でしたが

ちょっとずつ時間の使い方とかも分かってきます。

家事を完璧にこなすことよりもまずは、赤ちゃんを第一に。


洗濯物も旦那に手伝ってもらえばいいし、買い物や料理も無理をしなくても

今は生協の宅配や、ヨシケイなどのサービスもあります。


前のページ普通分娩での立ち会い出産    次のページ二人目妊娠

Copyright © 2009-2013 妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)での出産体験談. All rights reserved