陣痛の間隔

おしるしのあったその日の夜。

いつも通り布団に横になるものの、なんだか眠れない。

トイレに行ってもうんちが出るわけでもないお腹の痛み。

ホワーンという感じの軽い痛み。


眠れないほどの痛みではないものの、昼間おしるしがあったということで

若干興奮気味だった私は眠れないでいました。

眠りについてもその軽い痛みがくると、ハッと目を覚ます・・・

そんな感じで朝を迎えました。


とりあえず時間を計ってみると約10分間隔で痛みを感じる。

自分ではたいしたことないと思っていたけど、とりあえず母に報告。


「きたね(笑)」

母の一言でこれから迎える出産が楽しみでもあり、怖くもなりました。


普通の妊婦ならこの段階ではまだ病院に連絡しないで様子を見て

痛みを迎える時間の感覚が、短くなってきたら病院へ連絡します。


だけど私は妊娠中毒症

大げさに言えば、ほかの健康な妊婦よりも危険が多い。

病院からもすぐに来るようにと指示を受け、朝7時には陣痛室へ入りました。


陣痛の間隔や強さ、赤ちゃんの状態をチェックする分娩監視装置モニターをつけて

一時間に一回は看護士が血圧を計りに来ました。


前のページおしるしと出産    次のページ陣痛の痛み

Copyright © 2009-2013 妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)での出産体験談. All rights reserved