おしるしと出産

予定日まであと一週間というある日。

トイレに入った私は出血していることに気がつきました。

真っ赤な鮮血ではなく、生理の終わりかけの頃のような、赤茶色の出血。


ドバーって感じではなく、ごく少量でしたがビックリしました。

これがおしるしか・・・と冷静になりつつも母に報告。

妊娠中毒症のこともあるし、これがおしるしではなくて

赤ちゃんからのSOSだったらどうしよう!!!

ということで病院に連絡して診察してもらいました。


結果は子宮口が開いてきてるということでした。

エコーでみても元気に心臓は動いているし、血圧を計っても特に

高い数値ではなかったので、本番は普通分娩で頑張りましょうということになりました。


おしるしがあってから数日後から1週間後に陣痛があるなど、すぐに出産というわけではありません。

また、人によっておしるしがないまま陣痛が始まることもあります。


実家生活で血圧も落ち着いていたのですが、妊娠中毒症による何らかの

体調の異変があったときは帝王切開で出産と言われていたので

普通分娩で出産できるというのは本当に嬉しかったです。


前のページ妊娠中毒症の食事レシピ    次のページ陣痛の間隔

Copyright © 2009-2013 妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)での出産体験談. All rights reserved