妊娠中毒症の予防法

妊娠中毒症は、日頃の生活習慣や食生活に気をつけていれば予防が可能です。

ただ、妊娠中毒症は妊娠ということがきっかけでおこることがあるので

完全に予防ができるわけではありません。


妊娠中毒症の妊婦が普段の生活で気をつけること

睡眠・休養は十分にとる

出産まで働いていたり、家事、子供の世話などつい無理をしてしまいがちです。

過労はもちろん、睡眠や休養もしっかりとって身体を休ませましょう。

子供がいてゆっくり休めないという時は、旦那が休みの日に一緒に外で遊んでもらったり

実家が近ければ両親に半日でも見てもらったり、甘えることも必要です。


塩分の多い食品は控える

むくみ・高血圧の原因でもある塩分はできるだけ控えるようにします。

また、味の濃い食べ物も避けてうす味の食事を心がけましょう。

1日あたりの食塩摂取量は、1日10g以下、すでに妊娠中毒症にかかってしまった場合は

7g以下です。

食事の準備が面倒だからといって、インスタント食品や外食、コンビニ弁当などに

頼りすぎるのは危険です。

特にファーストフードは一食で一日の塩分量を越え、なおかつ高カロリーです。


食生活を改善する

塩分を控えるだけでなく、そのほかの栄養バランスにも気をつけましょう。

たんぱく質、カルシウム、ビタミン、ミネラル、食物繊維、植物性脂肪など、

低カロリーの食事を心がけましょう。

一番いいのはやはり和食です。

納豆、豆腐、魚、きのこ類、海草類など、旬の野菜や魚をとりいれて下さい。


体重増加に注意

妊娠前は痩せていても、妊娠中に急激に体重が増えると妊娠中毒症になって

しまうことがあります。

体重が15kg以上増加してしまうと、危険です。

食生活に気をつけれていれば体重増加も抑えることができるはずなので、常に体重を意識

しておくことが大切です。


前のページ妊娠中毒症の主な症状    次のページ妊娠中毒症の恐ろしさ

Copyright © 2009-2013 妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)での出産体験談. All rights reserved