赤ちゃんとの初対面

いよいよ診察。

これぞ産婦人科!!ともいえる瞬間でした。

「下着を脱いでむこうの台に座ってください」


・・・足をガバっとひらいて座るやつです。

ほとんどの病院で電動で上にあがるのでしょうが、なんせ私は体重95キロ。

重量オーバーで動きませんと言われたらどうしよう。

なんて不安になりつつ座りました。

動くたびにミシッ、ミシミシと音が鳴るのがまた不安でした。


カーテンでお腹から下半身は隠されていますが

大股開いた向こうに先生がいる。というのがとても恥ずかしかったです。

変な話ですが、匂いも気になりました。


そして先生が私の足をチョンチョンと触り、「これから調べますね。力抜いてくださいね~」

といわれ緊張やら、恥ずかしさやらいろんな思いで頭はグルグル。

と同時にお股に器具が入ってきました・・・

しばらくして私の頭付近にあるモニターに映像が写りました。

黒と白の何がなんだか分からない映像。

お股をグリグリされていたのが止まったとき、モニターにも不思議な映像が写りました。

黒い丸っぽい空間に、白い何かがちょこんとあります。


「これが子宮、赤ちゃんのお部屋です。そしてこれが赤ちゃん」


私と娘の初対面です。

まだ人間の形なんかしているわけないし、性別もわからない。

まだ小さな小さなものなのに

「うわあ・・カワイイ」

素直にそう思いました。自然と涙も出てきました。


そしてその赤ちゃんの大きさや、子宮の大きさから今どのくらいの週数なのかを調べます。

妊娠3ヶ月。約9週です。


出産予定日の書かれた用紙と、さっき見た映像の写真を先生からもらって診察終了です。

財布には1万円ちょっとしか入っていませんでしたが

病院によって様々ですので、初診のときは気持ち多めにお金を用意したほうがいいと思います。


前のページ初めての産婦人科    次のページ産婦人科健診、女医さんか男性医師か?

Copyright © 2009-2013 妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)での出産体験談. All rights reserved